\夏休みの自由研究に/
靴の工場見学と
革と木のペンケースづくり

 
夏休みのスペシャル企画!

今年も開催が決定!小学生を対象とした、自由研究にも活かせる革と木のペンケースづくりと靴の工場見学がセットになったワークショップ を行います。

今年の作品は革と木を組み合わせて作るペンケース。
あらかじめカットしてある木材に革を貼り、飾り鋲を打ちとめて作っていきます。
革は廃材でなめし処理をしたサステナブルレザーなど、少し厚めで質感のある革を使用します。
本体の革は事前に5色の中からお色を指定していただき、カットした状態でご用意します。
少しやりごたえが欲しい!といった高学年のお子様にはカットから体験していただくことも可能です。
ご自身でカットから行いたい場合はご予約時に「事前カット“なし”」とご記載ください。

流木のボタンがデザインのアクセント。天然のアイテムなので、形は当日のお楽しみ💛
本体にも木を使用しているので、かっちりした出来上がりで収納力もたっぷり。
時間に余裕がある方は木に色を付けてみたり、革に刻印したり、フリップ部分をギザギザにしたり、自分らしいカスタマイズを楽しんでくださいね!

ペンケースのサイズ

外側 幅:約20cm 高さ:約7cm 奥行:約4cm
内側 幅:約17cm 高さ:約7cm 奥行:約4cm

ペンケースを作った後は工場見学ツアーを行います。
毎日履いている靴ができるまでの工程や、普段見えない靴の中身はどうなってる?など、なかなか見る機会のない靴工場や靴づくりの裏側を実際の靴職人が一つずつ説明をしながらご紹介していきます。

小学生のお子様が楽しめるようプログラムしていますが、中学生の参加もOK!
また、親子で作成されたい方など、ご希望に合わせて対応しています。
ご希望される場合はまずは一度ご相談くださいね。

前回は募集開始後すぐに予約が埋まってしまったキッズ向けのワークショップ。
早めのご予約をおすすめします!

去年の様子はこちらのブログよりチェックしてみてくださいね♪

*****

あしながおじさんやサヴァサヴァを中心に約40年間、浅草で革靴をつくりつづけてきた私たちですが、靴づくりで歴史のある浅草も、近年の海外生産の増加により、職人が少なくなってきています。

とはいえ一方では、最近のサステナブルな考え方により、日本でつくられたよいものを長く使っていきたいという傾向も広がり、ものづくりに対する関心が高まっています。

木や革といった質感のある素材に触れて作品を作り上げる体験は、きっとお子様にとっても夏休みの大切な思い出になること間違いなし!

当日は、弊社生産部の若手の職人を講師として行います。
元家具職人という異色の経歴を持つスタッフです。
講師自身も小学生のパパ。はじめてのお子さんでも親しみやすく、楽しいクラスになると思いますよ♪

▼ワークショップの詳細▼

製作品: 革と木で作るペンケース
8月19日(金) 各回最大5名

午前の部: 10:00-12:00予定 (満席)
午後の部: 14:00-16:00予定 (余裕あり)

8月20日(土) 各回最大5名

午前の部: 10:00-12:00予定 (残り3席)
午後の部: 14:00-16:00予定 (残り1席)

対象年齢: 小学生(全学年)
場所: 浅草本社・工場
参加費: ¥3,300(税込)
募集期間:~8月16日(火)まで

ご予約は先着順です。満席になり次第予約は終了となります。

ご注意事項

  • 保護者の方のご参加を必須とさせていただきます。ご兄弟やお友達同士など複数人でご参加の場合、1グループに対し1名様以上の保護者の同伴をお願いいたします。
  • お子様を含めご参加者全員にマスクの着用をお願いいたします。
  • 衣服が汚れる可能性もございますので、汚れても良い服装でご来店下さい。
    のりやペンキを使っての作業となりますので、エプロンの着用をおすすめします。(エプロンの貸し出しはございません)
  • 参加費は当日現地にて会計させていただきます。※現金のみ。クレジットカード、電子マネーでのお支払いはできません。
  • 新型コロナウイルス感染対策としてご参加者様全員のご連絡先をご記入いただきます。予めご了承ください。

ご予約はこちらから

ワークショップ参加ご希望の旨
②ご希望日時
(※必ず午前・午後どちらかをご指定下さい。)
③参加人数
④参加者のご年齢
本体のカラー (下記見本写真の5色からお選びください)
⑥本体用の革の事前カット あり・なし
を入力して送信をお願いいたします。④~⑥は参加人数分ご回答ください。

参加申し込み

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、衛生環境等はしっかり整えております。
皆様とお会い出来るのを楽しみにしています。