気が付くと入りきらなくなってしまう靴の収納。
履こうと思っていた靴がすぐに見つからなかったり、久しぶりに箱を開けたらカビが生えてしまったり…スニーカーやパンプス、ブーツなど種類も様々でなかなか難しいですよね。

今回はスタッフが実践しているすっきり収納できて、探さなくてもすぐ見つかる、そんな収納方法とちょっとした工夫をご紹介したいと思います。

 

 

スタッフA

購入した時に付いてくる靴箱を利用した収納。

図のように折り込むことで重ねても通気性があり、中が見えるので探さずに済みます。

 

 

 

スタッフB

なるべく一段を二段として使いたいので、靴を種類別に置くようにします。

高さが揃うことでスペースを有効的に使えます。

引き出し式の箱を利用しているので、重ねて置いても取り出しがスムーズです。

また手が届きにくいところには使用頻度の低い物を収納。

当社の靴箱は絵型シールが貼ってあるので中身が一目瞭然。

箱を捨てずに使っています。

 

 

スタッフC

靴の管理ですが、購入した時にまず写真を撮っておきます。

正面と側面の画像を撮っておくとわかりやすいと思います。

定期的に見直し、履いている靴が古びた印象になったら買い換え時と考えています。

いかがでしたか?

この様な方法ですが、少しでも皆さんの参考になればと思います。

おうち時間を利用して是非お試ししてみてくださいね。